Profile

DQS_picture2ライブの転換で、一番時間の掛かるパートはドラムである。そのジレンマを打破すべく士気の高いドラマー達が、自主的に仲間バンドのセットチェンジを手伝うというムーブメントが2009年に起きた。その輪が拡大しDQS(ドラム・クイック・サービス)という名前の集団が生まれる。その中心に居た溝渕ケンイチロウをリーダーに、DQSはドラマー10人、ドラム10台の精鋭集団バンドへと変貌を遂げる。現在は更なる進化を遂げ、ドラム11台を軸に、シチュエーションによって編成を変化させて活動中。そのライブは、11人のドラマー達に加え、ギター、ベース、キーボードによる、11台のドラムキットをフルに活用したエンターテインメントであり、理屈ではなく、一聴し、体感した全ての老若男女を笑顔にさせる。まさに、モンスターロックである。

2010年2月に初ライブにして初ワンマン(SOLD OUT)を東京・下北沢CLUB Queにて行い、以降、全ての公演をワンマン形態で行う。2013年5月、初の作品『10 Drummers vs EARTH』をCD+DVDの2枚組の形で、新レーベル『LookHearRecords』よりリリース。近藤智洋をフィーチャーした新曲『RESCUE』が話題を呼ぶ。更に2014年6月ライブDVD『頂』を、2015年2月には待望の1stフルアルバム『DQS』を、自身のレーベル『DQS RECORDS』よりリリース。守りに入らず、常に攻めの姿勢を崩さないモンスターバンドの今後の活動に乞うご期待!

DQS are

Dr1 & Vo:溝渕ケンイチロウ(ex.ザ・カスタネッツ / ex.セロファン)
Dr2:ヤマグチユキヒコ(ハックルベリーフィン)
Dr3:高橋浩司(HARISS / ex.PEALOUT)
Dr4:森 信行(ex.くるり)
Dr5:ハギー(ソレカラ)
Dr6:おかもとなおこ(つばき / SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER)
Dr7:HAZE(UNUS / UnFinished Monster Machine / ex.PICK2HAND)
Dr8:比田井 修(ex.School Food Punishment)
Dr9:北野愛子(nelca / チャットモンチー乙女団 / ex.your gold, my pink)
Dr10:チャン イロン(ex.alcana)
Dr11:赤嶺民生(Howl of underdogs)
Dr12:松井香趣望(LOOP LINE PASSENGER)
Dr13:飯田ゆか(ロイジプシー)
Gu:野口徹平(Hi-5)
Key:堀越和子(GOMES THE HITMAN)
Support Ba:平田博信(Swinging Popsicle)
Support Ba:中井真貴(reading note)    

メンバープロフィール>>